軽井沢に行ってきました。

 今日は軽井沢まで出張。
 なんのかんの言って細かな用事が溜まるので、田中さんが軽井沢に滞在中は、毎週1回くらいの頻度で軽井沢に行かねばなりません。
 軽井沢というと「爽やかな高原の避暑地」というイメージが強いのですが、実はけっこう暑いです。ただ、夕方になるとすっと気温が下がるので、熱帯夜の苦しさはないのですね。新幹線が開通して以来、すっかり日帰り客の増えた軽井沢ですが、田中さんに言わせると「できれば一泊して貰えれば、もっと軽井沢の良さを知ってもらえると思うんだよな」とのこと。
 とは言うモノの、私も昨日は日帰りだったわけですけどね(笑)。


 出版社に頼まれた仕事を済ませたり、仕事の進み具合を確認したり、部屋の掃除を手伝ったりして、今回のお仕事は終了。

Img_2095
 表通りにある、ローストチキンのお店で遅めの昼ごはんを食べました。
 帰りの高速道路で、ワイパーが効かないくらいの大雨に見舞われたりしましたが、無事に帰京しました。

 そうそう。
 帰ろうと思って荷物をまとめていたら、部屋の隅に何やら映画のDVDが積まれているのを発見。「なんじゃ、これ」と思って聞いてみたら、「買って見てみたのだけど、あまりに酷いので捨てるヤツ」とのこと。
 もったいないので貰ってきたのですが、帰宅して改めて見てみたら、パッケージを見ただけで「うーん……」と唸ってしまうB級、C級映画ばかり。逆に「よくぞここまで怪しいモノを買ったなあ」と笑ってしまいました。
 お盆休みにでも見て笑うことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田中さんのトークショーが行われました。

 青山のGoFaで行われております、「アルスラーン戦記 荒川弘原画展」
 連日、大勢のお客さまにおいで頂いております。

 そんな中、昨日は田中芳樹さんのトークショーが行われました。
 『アルスラーン戦記』の執筆に至るきっかけや、今後の展開など、なかなかふだんは聞けないような内容のトークになりました。
 会場においで頂いた皆さんの暖かい雰囲気にも助けられ、田中さんもリラックスしていたようです。

Dsc00282
 トークショー終了後、先日行われた「じゃんけん大会」の賞品、ポスターにサインを入れる田中さん。

Dsc00285
 会場には、漫画家の藤田和日郎先生からのお花も届いておりました。
 藤田先生、本当にありがとうございます。

 完結まで、あと2冊。
 荒川さんのコミック版を楽しみに、物語の終着点まで書き続けてもらおう、と思っています。
 今後とも応援をよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OVA「銀河英雄伝説」の同盟軍軍服が発売されます!

 コスプレ衣装を製造/販売している株式会社コスパから、OVA版「銀河英雄伝説」の衣装が発売されます!
 今回は自由惑星同盟軍の軍服が中心のラインナップ。ブルゾン&スカーフのセット、ベレー帽、大将・元帥の階級章ピンズ、ローゼンリッター連隊の連隊記章ワッペン、イゼルローン共和政府軍の記章ワッペン、エル・ファシル革命予備軍の記章ワッペンです。
 設定資料をもとに、ふだんでも着られるように考えて作られたとのこと。
 ご興味のあるかた、こちらのページをご覧くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春アドベンチャー「月蝕島の魔物」、再放送が決まりました!

 以前、NHKのFM放送、青春アドベンチャーで放送された、田中さんの『月蝕島の魔物』ですが、このたび再放送されることが決まりました!

 「怪異の島をめぐる波瀾万丈、痛快至極なヴィクトリア朝怪奇冒険譚」という、かっこいいコピーまで付けていただきました。
 原作は、理論社から出ましたあと、現在は東京創元社で刊行されてます。
 三部作の予定でして、『月蝕島の魔物』『髑髏城の花嫁』までが刊行されてます。残りの一冊も、なるべく早めに出して欲しいなあ、と願ってます。

 放送の予定ですが……。
 7月28日(月)から8月1日(金)までで第1回から第5回までを。翌週の8月4日(月)から8月8日(金)までで第6回から第10回までを放送することになっています。時間は、午後10時45分から午後11時までの15分間です。
 詳細は番組のwebページ(ここから飛べます)でご確認ください。

 どうぞお楽しみに!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小前亮さんの新作です!

Chinokotou

 小前亮さんが久しぶりに現代ミステリを書き上げました。

 東京湾に浮かぶ瀬切島にある山城工科大学。そこは「知は金なり」をスローガンに、高い学力と高い入学金を求められるエリート大学。
 入学を許された段階で、学生たちは未来が約束されると言われる。
 しかし、その学内で自殺者の遺体が消失する事件が発生。学生の自殺が絶えないと噂される名門大学で、果たして何が起きているのか。

 学内で起きた「遺体消失事件」が、象牙の塔に潜む闇を浮かび上がらせる!
 ノンストップサスペンスミステリ、書き下ろしで登場!

 田中さんも「つい(自分の仕事を後回しにして)読みふけってしまった」と太鼓判を押す本作。いままでとは一風ちがった小前作品をお楽しみください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「陰陽屋」シリーズ最新刊です!

Onmyoya7

 天野頌子さんの人気作《陰陽屋》シリーズ。
 ついに最新刊、『陰陽屋猫たたり』が発売されます!

 傷心の妖狐高校生、沢崎瞬太の夏休みは今年も補修とともに始まった。
 まったくやる気の出ないなか、陰陽屋に持ち込まれたのはアラフォー女子の恋愛相談。冷たい対応の店主、安部祥明に対して、やけに相談者に感情移入する瞬太だが、その理由は……。
 いっぽう、行方をくらましていたバーテンダー、葛城が帰ってきた!
 頼まれていた人捜しにも進展があり、化けぎつねの仲間にもぐっ近づいた感じの瞬太たち。
 すっかりおなじみになった、珍妙コンビの人気シリーズ第7弾!


 楽しい楽しい夏休みのはずが、どん底に落とされてしまった瞬太。
 果たして、浮かび上がることが出来るのか。
 イケメン毒舌陰陽師とキツネ耳高校生の絶妙コンビが、皆さまをお待ちしております!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『タイタニア』の初荷が出ました。

 今日、講談社の編集さんが事務所に来られまして、田中さんから『タイタニア』最終巻の原稿の第一便を受け取って行きました。これを私たちの言葉で「初荷」と呼びます。
 7月はじめには、いつもどおり軽井沢に仕事場を移すことになる田中さん。なんとか軽井沢に行く前に初荷を出したい、と言ってましたが、無事に目標クリアです。あとは、このあといかにコンスタントに原稿をお渡しできるか、ですね。

 今回の最終巻ですが、まだタイトルが決まってません。「風」が付くタイトルになることは確かなようですが。
 早く原稿を完成させて、皆さんにお届けできるよう、私たちも精一杯サポートさせていただきます。
 どうぞよろしくお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「銀河英雄伝説」の朗読アプリ。ついに外伝のリリースを開始!

11

 株式会社RRJがリリースしている 「銀河英雄伝説」の朗読アプリですが、先日、本伝10巻が完結しました。
 総朗読時間5600分(!)というトンでもないアプリになりましたが、その勢いは止まらず、そのまま外伝の朗読に突入。
 このたび、外伝第1巻「星を砕く者」のアプリ化が完成しました。
 現在、Android版が購入できます。(ダウンロードはこちら

 常勝の天才ラインハルトと、不敗の魔術師ヤン・ウェンリー。
 銀河の歴史を大きく動かした二人の邂逅を描く外伝第1巻。下山さんの味わい深い声でお楽しみくださいませ。

 ▼書籍版はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OVA「銀河英雄伝説」Blu-rayが、お値打ち価格で登場!

Boximage_1
▲画像はイメージです。

 お待たせ致しました!
 OVA「銀河英雄伝説」のBlu-ray BOX。
 2009年の末にBOX1が発売され、以後、BOX4まで順次発売されました。
 その後、品薄状態が続き、一部ではプレミアの付いた価格で売られていて、私も「何だかなあ」と思っていたのですが、このたび、「スタンダードエディション」と銘打ったバージョンが発売されることになりました!

 2014年8月29日に発売される「Blu-ray BOX スタンダードエディション(1)」は、第1話から第26話、それに「わが往くは星の大海」「新たなる戦いの序曲」「黄金の翼」が入った6枚セットで、18,600円(20,088円/税込)というお値頃価格での登場となります。
 以後、順次リリースされていきますので、ぜひこの機会にお買い求めくださいませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

横山さんの『八八艦隊海戦譜』の新刊が出ます!

887

 横山信義さんの人気作「八八艦隊海戦譜」シリーズの新刊が出ます。

 撤退した日本軍にかわりソロモン諸島を支配した米軍は、ここを拠点に航空攻撃を開始。新鋭機F6Fがラバウル、マーシャルを襲う。さらに、ミシガン級戦艦に加え、新鋭戦艦ミズーリ級も竣工、真珠湾には着々と新鋭艦が集結しつつあった。
 米軍による中部太平洋への反攻を予期した日本軍は、マーシャル諸島から全軍を撤退させ、トラック環礁に戦力を集中する策に出る。
 すでに八八艦隊の半数を喪った日本だが、なお世界最強を誇る「大和」「武蔵」は健在。これに「乗鞍」「穂高」を加えた四六センチ砲搭載艦四隻を中心とした艦隊で、大挙来寇する米艦隊を邀撃することに。いざ、決戦のとき来たる!

 全八巻を予定している本作も、いよいよ大詰めに差し掛かってきました。
 栄えある「八八艦隊」も、小笠原諸島沖海戦で「陸奥」と「土佐」を、ブーゲンビル島を巡る攻防戦で「赤城」「加賀」「近江」「駿河」「高雄」「阿蘇」を、それぞれ喪い、艦数は半減しています。そんななか、米太平洋艦隊の来寇が伝えられ、連合艦隊はそれを阻止、邀撃すべく艦隊を出撃させます。
 果たして、その結末は。

 今回も高荷義之先生が素晴らしいカバー絵を描いて下さいました。
 併せてお楽しみくださいませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«梅干しを漬け込みました。