« 検索が中断されました…… | トップページ | 暑いの苦手、寒いの苦手 »

面白い物語が読みたい

 先日より横山光輝氏の『史記』を読み直している。ご存じ、司馬遷が書いた『史記』を題材に、横山光輝氏が存分に腕をふるった名作だ。横山氏は先日、不慮の死を遂げられた。本当に惜しい人を亡くしたものだ。

 実は私、田中芳樹氏の秘書になる前まで、中国歴史物にはあまり興味がなかった。せいぜい『三国志』(演義じゃないほう)を読んだくらい。田中氏との会話で中国モノについての話題が出ると、「それって、どんな話なんですか?」と聞いてばかりいた。田中氏もさぞや面倒だったことだろう。
 いまでは邦訳されたものに限っては、一通り読んだと言える。こうなってみると、どうしてもっと早く読まなかったんだろうと思うほど、面白いものばかり。
 なかには換骨奪胎されて日本の物語になっているものもあり、気が付かないうちに慣れ親しんでいた話が、実は中国起源だったと驚くこともある。

 こうして考えてみると、きっと世の中にはまだまだ、面白い物語が眠っているのだろう。生来、語学は苦手とする私にしてみれば、どなたか親切な方が邦訳してくれない限り読むことが出来ない。なんとももどかしいものだ。せめて、すでに翻訳されているものは楽しませてもらおうと思う。

|

« 検索が中断されました…… | トップページ | 暑いの苦手、寒いの苦手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 面白い物語が読みたい:

« 検索が中断されました…… | トップページ | 暑いの苦手、寒いの苦手 »