« 風邪をひいたかな? | トップページ | なんか怪しい »

お札の顔、刷新

 お札のデザインが新しくなるそうだ。
 1万円札の福沢諭吉氏は留任だが、5千円札の新渡戸稲造氏、千円札の夏目漱石氏は、それぞれ樋口一葉氏、野口英世氏に交代する。
 新しく登場する両者の業績に関して、異議を唱える気は毛頭ないのだが、こと、お札の肖像画にふさわしいかというと、若干の疑問が残る。
 はっきり言って、貧乏くさいのだ。

 日本は敗戦によって、社会的価値観が大きく変動した時期を抱えているため、万人に認められる偉人英雄が立てにくい国ではあるのだが、それにしたってもうちょっと選びようがあったでしょう、という気になる。

 田中芳樹氏とも話をしたのだが、田中氏のコメントは辛辣だった。
「樋口一葉が5千円もらっていたら、死なずに済んだだろう。野口英世に千円渡したら、一晩で使い果たしたろう」

 私としては、聖徳太子、伊藤博文、岩倉具視のほうが、いかにも「お札の人」という感じで好感が持てたんだけどねえ。(ちなみに、板垣退助の百円札は、使ったことがありません。)

|

« 風邪をひいたかな? | トップページ | なんか怪しい »

コメント

 お札、変えりゃあ良いってもんじゃないんですけどね。二千円札はここでも継子扱い。
 よく、五万円札になって聖徳太子が返って来たら景気回復間違いなしとか云うけど、二千円札を朱礼門から東京タワーとか霞ヶ関ビル、新幹線に変えても経済前向きになったりして……。
 ちなみに、私の歳だと子供の頃、ほんの短期間ですが板垣さんを使いました。が、すぐに登場して来た百円硬貨の方がカッコ良くって好きでしたね。昭和も中頃からチョっとこっち来た辺りの話ですナ。

投稿: 神北恵太 | 2004年6月18日 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お札の顔、刷新:

« 風邪をひいたかな? | トップページ | なんか怪しい »