« なんか怪しい | トップページ | なんだか怪しい(つづき) »

梅酒を漬けてみました

 今日は梅酒を漬けてみた。例年は青梅で漬けるのだが、今年はふと思い立って、黄色っぽく熟した実を買い求めてみた。お店の人の話では、熟した実は梅干し用だということだが、市販されている梅酒には「完熟梅をふんだんに使用しました」なんてものもあるくらいだから、出来ないはずはなかろう。懸念されるのは柔らかい実を使用したことで、カビが生じやすくなるのでは、ということなのだが、ホワイトリカーに漬け込むわけだから、おそらく大丈夫だろう。

 柔らかい実を傷つけないよう、流水で優しく洗い、ヘタのなりくちのところを竹串で外す。そして、清潔なフキンで1個1個、磨くように水気をぬぐって貯蔵瓶に入れる。氷砂糖と梅を交互に入れたら、最後にホワイトリカーを注いでできあがり。
 だいたい3ヶ月後には飲めるようになる、ということだが、私の家の場合は最低でも1年は寝かせることにしている。というか、1年くらい経ってから、ようやく梅酒本来の味がしてくるように思えるのだ。

 以前、とあるバーで20年モノの梅酒というのをご馳走になったことがある。素晴らしく芳醇な香りと、豊かな味わいに思わず「これ、本当に梅酒?」と聞き返してしまったほど。
 あそこまでは難しいとしても、長期熟成の梅酒の美味しさを知ってしまった身としては、少しでもあの味に近づきたいと思うわけだ。

 さて、どうなることやら。

|

« なんか怪しい | トップページ | なんだか怪しい(つづき) »

コメント

うーん、梅酢が出てくるんで、美味しくなるかは心配。ただすっぱいだけになる可能性大。
でも何事もTry And Errorだから

投稿: 小野塚 | 2004年6月21日 00時22分

うーん、Try&Errorなのは仕方がないのですが、問題は結果が出るまで1年かかるということですねえ。
来年の今頃に試飲をしますんで、ぜひ遊びに来て下さい。

投稿: 安達裕章 | 2004年6月21日 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅酒を漬けてみました:

« なんか怪しい | トップページ | なんだか怪しい(つづき) »