« 梅酒を漬けてみました | トップページ | ある意味、壮観 »

なんだか怪しい(つづき)

 先日の日記で、「Suicaで水を買う」ことについて、JR東日本に対する漠然とした不安(笑)について書いたところ、竹内氏と小野塚氏からコメントをもらった。
 考えてみれば、電子決済というのは「誰が何処でどんなモノを買ったか」が歴然と残るのだな。しかも、電子データという、非常に流用がしやすい形で。
 私の場合、定期券にSuica機能が付与された「Suica定期」(どうでもいいけど、このネーミングはなんとかならなかったのか)を使っているので、個人データの特定はさらに簡単になるだろう。

 もちろん、この情報化社会、個人情報が流用されることを根本的に防ぐなんてことは、現実的に不可能だということは理解している。ただ、その場合にせよ、こっちに一言あってしかるべきだと思うのだ。「個人情報をとることにもなりますが、その分、便利になりますよ」ということ。さらには「個人情報はとりますが、とったあと××日で破棄します。ほかへの流用はしません」と言ってくれれば尚良い。
 現状のSuica(というか、Felica)の場合、「なんとなくこそこそしている感じ」がぬぐえないので、よけいに不安感が増していくのだ。

 そんななか、今度はNTTDoCoMoが「おさいふケータイ」などと称して、Felicaの決済機能を付けた携帯電話を売り出すという。
 小野塚氏のコメントを読んだ後に、この話を聞くと、なんとなく首筋がうすら寒くなってくる。

 以前、幹線道路にNシステム(その道路を通過する車のナンバーを自動的に読みとり、記録する装置)が設置されたとき、左翼系文化人を中心に反対運動が起きた。でも、いつのまにかそういった声は聞かれなくなり、いまではあらゆるところで見かけるようになってきた。
 なんとなく、Felicaもそのような道をたどる気がする。

 この漠然とした不安感をぬぐいさるためには、いっさいクレジットカードのたぐいを持たず、携帯電話も持たず、買い物はすべて現金決済で行うことなのだろうけど、不安と利便を天秤に掛けて、やっぱり便利を選んでしまう根性なしの私なのであった。

|

« 梅酒を漬けてみました | トップページ | ある意味、壮観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんだか怪しい(つづき):

« 梅酒を漬けてみました | トップページ | ある意味、壮観 »