« 浅間山、噴火! | トップページ | 携帯電話を買い換えた »

軽井沢の状況

 浅間山の噴火がどうなっているか、ちょっと不安を抱きつつ、軽井沢に行って来た。
 結論から言ってしまえば、街はいたって平穏。観光客の姿も夏の盛りとは言えないものの、充分に賑わっていた。今回の噴火は(まだ総括するのは早いと思うが)、どうやら溜まったガスが抜けただけのようだ。現地の人の言葉を借りれば「浅間が屁をこいた」感じ。

 今回の軽井沢行きは、噴火よりも霧が怖かった。
 フォグランプを点けても、ほとんど変わらないくらい。前を走る車のテールランプを見失わないようにしつつ、かといって接近しすぎて追突しないようにしつつ、道をたどるのは大変に疲れた。
20040902.jpg

 ちなみに、この写真はまだまだ霧が出始めの頃。このあと、大げさではなく「五里霧中」状態になったのだが、そのときは写真を撮る余裕なんてなかった。(いや、この写真だって問題なんだけど)

 そのぶん(というと問題だが)、本来の用件であった田中さん、赤城さんの仕事はぱたぱたと片づき、予定よりも早く帰途に付くことが出来た。

 ただ、帰り道、今度は豪雨に襲われて、またしても前の車のテールランプを見ながらの走行。これほどの雨ならばスピードを落とせばいいのに、周囲の車はよほど腕に自信があるのか、100キロを軽く上回るスピードで追い越し車線をとばしていく。ファミリー・ミニバンの私は、大型トラックの後ろに付き、のんびりと走って帰ってきた。

 軽井沢の別荘地は、そろそろ秋の気配が色濃くなってきた。
 今年は紅葉の時期を見計らって、白糸の滝あたりまでドライブしたいと思っていたのだが、はたしてそのころまでに通行止めは解除されるのだろうか。すべては浅間山のご機嫌次第ということになる。

|

« 浅間山、噴火! | トップページ | 携帯電話を買い換えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢の状況:

« 浅間山、噴火! | トップページ | 携帯電話を買い換えた »