« やっぱりちゃんと見てるんだ | トップページ | 美味しい焼酎の飲み方 »

鬼平と小遣い

 先日の軽井沢にて。
 講談社マガジンZ編集部のN氏たちと旧軽井沢を歩いていると、『鬼平犯科帳』の話題になった。
 『鬼平犯科帳』のなかで、鬼平が、なにか情報をもたらした密偵たちに、「これで一杯やれ」などと言って小遣いを渡す場面がよくあるのだが、これ、小遣いとしては多すぎやしないか、という話になった。
 たいてい二分。へたすると一両。
 作中の解説をそのまま受け取るとすれば、一両は現代の一〇万円以上の使いでがあったと思われる。ってことは、五万円とか一〇万円とか、平気で小遣い銭として渡してしまっているわけだ。

 平蔵さま、ちょっと多いんじゃありませんかい?

 田中さんいわく「いやいや、お金を渡して働くのならば良いのでは。世のなかにはお金だけもらって、知らん顔という人も多いんだし」
 えーと、私の顔を見ているのは、なにか意味があるんでしょうか。

 とりあえず、その場の結論としては「鬼平が、江戸の街のチップの相場を引き上げている」ということになった。
 うーん、それでいいのか。

|

« やっぱりちゃんと見てるんだ | トップページ | 美味しい焼酎の飲み方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼平と小遣い:

« やっぱりちゃんと見てるんだ | トップページ | 美味しい焼酎の飲み方 »