« いよいよ…… | トップページ | 「アストロ球団」映像化? »

連載小説に欠かせないモノ

 田中さんは連載をやらない(出来ない)派、芦辺さんは連載を常に1本でも抱えておきたい派、赤城さんは……どうなんだろう。横山さん、三木原さんは、おそらく話があったら乗ってくるだろうな、と思うのだが今のところ具体的な話は来ていない感じ。

 雑誌などに小説を連載する、というのは、書き下ろしとはまったく違った技術、センスが必要になると思う。
 限られた枚数のなかに、話の山を作り、そのうえで物語全体の構成を造型していくというのは、なかなか出来ることではない。さらに、締切までの時間が限られているのだから、素人の私には考えられない苦労があるのだと思う。

 そのうえ、連載である以上、読者に「続きを読みたい」と思わせなければならないわけだ。
 そのために、各話のラストには次回に続くための「ヒキ」を作るのだね。これの上手い人の小説は「ちっ!またこうやってヒキやがる」と思いつつ、やっぱり次の号を買ってしまうんだよなあ。

 で、先日、某所で某社の編集さんと話をしていて「最近で、もっともすごいヒキ」は、浦沢直樹の「プルートゥ」第1巻のヒキではないか、ということになった。

 「君がアトム君だね」

 うーん、これはインパクトでかかった(笑)。

 ちなみに、先日発売された第2巻のラストでは、ウランちゃんで同じようなことやってますけど。
 やっぱり次が出たら発売日に買っちゃうんだよなあ。

|

« いよいよ…… | トップページ | 「アストロ球団」映像化? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連載小説に欠かせないモノ:

« いよいよ…… | トップページ | 「アストロ球団」映像化? »