« 怪しいセールスあらわる | トップページ | 怪しいセールス、みたび »

怪しいセールス、ふたたび

 さきほどの怪しいセールス(?)が帰って30分後、ふたたび彼女がやってきた。
 どうやら用事があるのは私の友人だったらしい。彼は仕事の都合で日本を離れているのだが、その際の国内連絡先を私が引き受けているのだ。
 さきほども彼の名前を出してくれてさえいれば、すべて丸くおさまったのに。

 では、彼に連絡をしてアナタに電話をさせれば良いのですか。と聞いたら、そうして欲しいと言う。ふむ。
 では、名刺を頂けますか。と聞くと、「いま持ってない」「あとで玄関のドアに挟んでおく」などと言い出す。
 いちどは消えていた「危ないぞ」警報が、またまた点灯。

 いやしくも天下の住友生命が、こんな変な人を雇っているとは思えない。
 こっちが黙っていると、「じゃ、名刺を取ってきます」と言って、なんか慌てた風情で外に出て行った。うむむ、ますます不審な気が。

|

« 怪しいセールスあらわる | トップページ | 怪しいセールス、みたび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪しいセールス、ふたたび:

« 怪しいセールスあらわる | トップページ | 怪しいセールス、みたび »