« 自衛隊の演習を見学してきた | トップページ | 台風11号がやってきた »

軽井沢夏事務所にて

 軽井沢に置かれている弊社の夏事務所。今月の頭に2回目の移転を果たし、3代目の夏事務所がオープンとなった。
 最初の夏事務所は、バブル華やかなりし頃、分譲目的で建設されたリゾートマンションの一室。部屋には暖炉が設けられ、風呂は浴槽にオトナ二人が楽々入れるくらい大きなものだった。しかし、いかんせん場所が悪い。中軽井沢(ということは、新幹線が止まる軽井沢から、第三セクターのしなの鉄道に乗り換えて行くことになるのだな)の駅から、徒歩20分というのはとっても不便。さらには、小川のほとりの傾斜地に建っているので、半地下のようになった1階は湿気でフローリングがたわみ、分譲はおろか、賃貸にすら出来ないくらいという惨状。6部屋あるうち、入居しているのは私たちだけだったのだ。
 案の定、大家さんがパンクして、物件全体が競売に掛けられることが決まり、退出を余儀なくされた。

 次に借りたのは、旧軽井沢のロータリーから徒歩3分という好立地。軽井沢には珍しく、賃貸中心のマンションだった。
 ここ、立地は最高なのだが、部屋がちょっと変。玄関から広い廊下が延び、リビングにつながっているのはともかく、その広い廊下が水回りのスペースを圧迫して、トイレと風呂がいっしょになっている。当初は「仕方ないか」で我慢していたのだけど、やっぱり不便だし、無人となる冬の間に湿気を吸ってカビが繁茂することが判った。そのため、今年の7月末に賃貸契約が切れるのをよい潮時として、さっさと退出してしまった。

 さて、いよいよ今回の新事務所。
 ついに、というか、いよいよ、というか。なんと今度は一戸建て。しかも新築。
 おそらく、大家さんは永住型の賃貸住宅として建設したのだろうけど、ここを夏の仕事場として確保することにした。
 一応、オール電化だし、当然のことながらどこもかしこも新品だし、なんとも気持ちのいい夏事務所である。
 今日は、社員1名を引き連れて、家具什器の組み立て作業。ダイニングテーブルに、机(2つ)、本棚などなど。涼しい軽井沢といえど、すっかり汗まみれになってしまった。

 明日は、田中さんと小前くんの師弟対談。中国歴史物の魅力について、『活字倶楽部』の編集さんが見えてインタビューをしてくれるらしい。
 はてさて、どうなることやら。なんとも楽しみだ。

|

« 自衛隊の演習を見学してきた | トップページ | 台風11号がやってきた »

コメント

 Tom Farmount と申します。はじめまして。軽井沢関心空間というコミュニティサイト作りました。もしよろしかったら、軽井沢のこと書いてみていただくと幸いです。よろしくお願いします。

投稿: Tom Farmount | 2005年9月 4日 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢夏事務所にて:

« 自衛隊の演習を見学してきた | トップページ | 台風11号がやってきた »