« 梶尾さんの新刊です。 | トップページ | コミケ、参加します。 »

ディナールに決めたわけ。

 今日、会社に「銀河英雄伝説」オリジナル・ビデオ・アニメのレジェンドボックスが届きました。
 たまたま居合わせた田中さんと、「おぉ、凄い」などと言いつつ、開梱作業を行いました。特製ボックスは、アルミとはいえ、ずっしりとした重量感。お買い上げになったお客様は、くれぐれも足の上などに落とさないよう、ご注意ください。

 今回のレジェンドボックスには、さまざまな特典がついているのですが、なかでも目玉となるのが、純銀製の「帝国マルク」硬貨と、「同盟ディナール」硬貨。
 田中さんも、「けっこう重いね」などと言いつつ、手のひらで転がしておりました。
 そのとき、ふと、思い出したように言ったのが、「そうそう、同盟はディナールにしたんだよね」と。
 どういう意味、と聞き返したところ、『銀河英雄伝説』を執筆している当時、両陣営の通貨単位を設定する必要が生じたとのこと。帝国はマルクだろう、とあっさり決まったようなのですが、問題は同盟。
 百科事典で調べた結果、当時(おそらく現在も)、ドル(もしくは、××ドル)を使用している国よりも、圧倒的にディナールを使っている国のほうが多かったのだそうです。それで、同盟はディナールに決めたとのこと。初耳だl~。

 私が田中さんの秘書になって、10年以上たつのですが、まだまだ知らないことが多いようです(笑)。

|

« 梶尾さんの新刊です。 | トップページ | コミケ、参加します。 »