« ライトパターソン空軍基地に行ってきました。 | トップページ | 寄生戦闘機ゴブリンの話 »

B-58ハスラーの後部機関砲の話。

 東西冷戦時代を描いた映画は数多くありますが、シドニー・ルメット監督の『未知への飛行』は、偶発核戦争の危機をリアルに語った良作だと思います。同じ題材を扱った、キューブリック監督の『博士の異常な愛情』が、なんともキューブリックらしいというか、どこまで本気で観て良いのか考えてしまうのに比べ、こちらは主演のヘンリー・フォンダの魅力的な演技も相まって、非常にスリリングでリアルな描写がなされています。
 未見の方がいらっしゃいましたら、是非、ごらんになってください。

 この映画のキモとなるシーンで登場するのが、当時の最新鋭爆撃機B-58ハスラー。
 胴体下に備えた紡錘形の落下式爆弾槽に、大型の核兵器を格納して、マッハ2以上の超音速でソビエト(当時)を目指すという凄い爆撃機です。
 この飛行機も、ライトパターソンの空軍博物館に展示してありました。

014_b5801
 これがそうです。
 デルタ翼の大型機というのは、それだけでかっこいいと思ってしまいます。

014_b5802
 後ろに回ってみると、なにか機尾に付いているのに気付きました。

014_b5803
 これは、20ミリの機関砲、いわゆるバルカン砲ですね。
 仮想敵であったソビエトが、当時運用していた戦闘機では、最高速度を出した本機には追いつけないため、この位置に自衛用の機関砲を据えれば効果的だったわけでしょう。
 やはり、こういうものは実物を見ないとよく判りませんね。


|

« ライトパターソン空軍基地に行ってきました。 | トップページ | 寄生戦闘機ゴブリンの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B-58ハスラーの後部機関砲の話。:

« ライトパターソン空軍基地に行ってきました。 | トップページ | 寄生戦闘機ゴブリンの話 »