« 「銀河英雄伝説」のPCゲームが発売されました。 | トップページ | デイトンに来ています。 »

『王道の樹』、いよいよ刊行!

 小前亮くん(なんて言うと、そろそろ問題があるかな。小前先生……うーん、違和感)の新作、『王道の樹』の刷り見本が届きました。
 四世紀の中国大陸は「五胡十六国時代」と呼ばれ、まさに群雄割拠の様相を呈していたようです。そのなかに、すべての民族が平等で幸せに暮らすことの出来る国家を作ろうと戦った一人の青年の姿がありました。

 中国歴史物というと、なにかしら人生訓や部下掌握術などを匂わせる小説が多く、私のような非才凡才には少々鼻につくこともあるのですが、小前作品は純然たるエンターテインメント作品として、誰にでも「面白い!」と言わせる地力があると思います。大きな声では言えないけれど、師匠の田中さんよりも、このあたりは割り切っている感じがあって好感が持てます。
 いきなりハードカバーはちょっと、とおっしゃる向きには、講談社文庫で先日刊行された李世民 (講談社文庫 こ 72-1)
がお勧め。
 私もアメリカ旅行に持参しております。はい。


|

« 「銀河英雄伝説」のPCゲームが発売されました。 | トップページ | デイトンに来ています。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『王道の樹』、いよいよ刊行!:

« 「銀河英雄伝説」のPCゲームが発売されました。 | トップページ | デイトンに来ています。 »