« 軽井沢に行ってきました。 | トップページ | 田中さんとCLAMPさんの対談が掲載されます。 »

電子書籍という「本」について

 先日、私の会社に、関西方面の大学生の方が会社見学にいらっしゃいました。
 東京の出版業界のピンからキリを見るツアーということでしたが、うちの会社は「キリ」代表ということだったのでしょうね(笑)。
 久しぶりに若い人たちとゆっくり話をすることが出来て、こちらとしては非常に刺激を受けたのですが、先方はどうだったのか、ちょっと疑問だったりします。たいして役に立つコトはお話しできませんでしたしねえ。

 そんな彼らとの雑談のなかで、電子書籍が話題にのぼりました。
 たしかに、一時期のケータイ小説ブームも手伝って、電子書籍という形式で物語を楽しむ人は増えたように思えますが、やはり紙を綴じた本という形式には根強い人気があるようす。私も、やはり紙の本に慣れ親しんでいることもあり、電子書籍にはあまり食指が延びません。
 ただ、若い人のなかには、紙の本へのコダワリが薄い人も増えている感じでした。
 この年代の人たちが第一線で活躍することになる数年後には、電子書籍はもっと普及しているのかも知れませんね。
 そうなったときには、「本」の流通にしても、いまとは違う形態となるのでしょうし、業界の地図も変わるのでしょう。楽しみ、といえば楽しみです。

 電子書籍を閲覧するための専用端末は、今までも幾つか出ているようですが、やはり苦戦しているようす。
 私にしてみれば、完全防水タイプの端末を出して欲しいものです。私はお風呂で本を読むのが好きなのですが、湿気でふにゃふにゃになってしまうんですよ。こういう用途には、防水タイプの閲覧端末と、電子書籍の組み合わせが最強だと思うんですけどね。
 どこか、出してくれませんかねえ。

|

« 軽井沢に行ってきました。 | トップページ | 田中さんとCLAMPさんの対談が掲載されます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍という「本」について:

« 軽井沢に行ってきました。 | トップページ | 田中さんとCLAMPさんの対談が掲載されます。 »