« 横山信義、新刊です! | トップページ | 赤城さんの新連載、いよいよ開幕! »

本当によく似ています(笑)。

 田中さんが、第3回「幻影城」でデビューしてから、昨年の1月で30年が経ちました。
 9月には、軽井沢で親しい編集さん、作家さんをお招きして、御礼の会を開かさせていただきました。
 そのときにも、各社さんからいろいろとお祝いを頂戴してしまったのですが。

 先日、やはり田中さんと一緒に仕事をしてくださっている編集さんが、お祝いの品を持ってきて下さいました。

001
 それがコレです。
 似顔絵ならぬ、似顔人形(笑)。
 ちょっと血色が良すぎる感じがしますが、なんともよく似ています。手にはペンと原稿用紙の束を持っているところも、手が込んでいます。

002
 田中さんも、「分身」を目の前にしてちょっと照れくさい様子。
 「コレが僕の代わりに原稿を書いてくれればいいのになあ」などと、勝手なことを言っておりました。

 本人の弁によれば、あっという間の30年だったそうです。
 今後ともよろしくお願い申し上げます。

|

« 横山信義、新刊です! | トップページ | 赤城さんの新連載、いよいよ開幕! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当によく似ています(笑)。:

« 横山信義、新刊です! | トップページ | 赤城さんの新連載、いよいよ開幕! »