« 甲州ぶどうを食べてきました。 | トップページ | 『蘭陵王』にも重版が掛かりました! »

『李世民』が5刷を数えました。

Riseimin

 小前くん(と言うのも、もう失礼か。でも、小前さん、とか、小前先生とか書くのもアレなんですよねえ)のデビュー作、『李世民』の講談社文庫版が、ついに5刷を数えることになりました。
 これ、出版業界以外の方にはよく判らないかも知れませんが、実に凄いことなんですよ。もはや中国歴史分野の小説家としては、新人作家から脱皮して、早くも中堅の位置に付きつつあると思います。
 今は理論社で若年層に向けた『三国志』を書いているのですが、その合間にも精力的に執筆活動を続けています。
 聞くところによれば、来月はモンゴルを舞台にした書き下ろし『蒼き狼を継ぐ者』が刊行されるとのこと。

 ますます目が離せなくなってきました。


|

« 甲州ぶどうを食べてきました。 | トップページ | 『蘭陵王』にも重版が掛かりました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27758/46474170

この記事へのトラックバック一覧です: 『李世民』が5刷を数えました。:

« 甲州ぶどうを食べてきました。 | トップページ | 『蘭陵王』にも重版が掛かりました! »