« コミック版「タイタニア」、新刊です! | トップページ | 「銀河英雄伝説」の戦艦を集めてみませんか。 »

冲方丁さんの作品に解説を書きました。

Ubukata

 1996年、『黒い季節』で第1回スニーカー大賞の金賞を受賞し、華々しいデビューを飾った冲方丁さん。
 その活躍はライトノベルに留まらず、2003年に発表した『マルドゥク・スクランブル』では、目の肥えたSFファンを唸らせ、見事、第24回日本SF大賞を受賞。

 そんな冲方丁さんの『ストーム・ブリング・ワールド』第2巻に、田中さんが解説を書きました。
 もともと、この小説は2003年にMF文庫Jから「カルドセプト創伝 ストーム・ブリング・ワールド2 星を輝かせる者」として発表されたものということですが、それに加筆訂正を加えて刊行されたのが本書。
 田中さんは、この作品じたいは未読だったそうですが、冲方丁さんの実力を日ごろから高く評価している者の一人として、喜んで解説を引き受けました。
 実際に読んでみた感想も聞きましたが、やはり凄い、ということでした。
「こうやって、どんどん若い人が面白い小説を書いてくれると、私のようなロートルがラクを出来るんだよね」だそうで。
 いやいや、まだ頑張って書いてもらわないと。


|

« コミック版「タイタニア」、新刊です! | トップページ | 「銀河英雄伝説」の戦艦を集めてみませんか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冲方丁さんの作品に解説を書きました。:

« コミック版「タイタニア」、新刊です! | トップページ | 「銀河英雄伝説」の戦艦を集めてみませんか。 »