« さて、今年はどんな年になりますやら。 | トップページ | 今年も澤見さんへの応援、よろしくお願いいたします。 »

捕鯨に注目されている今、読みたい小説。

Kajishin

 捕鯨に反対する環境保護団体(というのも、ちょっと違う気がするのですが)が、日本の調査捕鯨船と衝突して大破したというニュースがありました。
 捕鯨に限らず、世の中には意見の食い違うことは多々ありますが、どんな主張があるにせよ、直接、攻撃的な行動に出るのは感心できません。今回は双方とも人的な被害はなかったということですので、まずは良かったと思います。

 とはいえ、個人的な感想を言わせてもらえれば、やはり鯨を食べる食文化は、日本の大切な文化のひとつだと思っています。絶滅のおそれのあるシロナガスクジラなどは絶対に保護しなければならないと思うのですが、ミンククジラはすでに捕鯨の対象として良いほど個体数も増えていると思うのですけどね。
 一説によれば、個体数の増えたミンククジラが、ヒゲクジラ類の共通のエサであるオキアミなどを大量に食べてしまうため、シロナガスクジラなど大型のヒゲクジラ類が飢えてしまっているとも言います。
 ただ、クジラを水産資源として捉え、いくら科学的データなどを揃えて意見を主張しても、捕鯨反対派は「クジラが可哀相」という感情論でくる場合が多いので、結局のところは意見は平行線というか、食い違ったままになるのでしょうね。
 難しい問題です。

 ということで。
 捕鯨をテーマにした梶尾真治さんの小説を紹介します。
 この機会に、ぜひ。


|

« さて、今年はどんな年になりますやら。 | トップページ | 今年も澤見さんへの応援、よろしくお願いいたします。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 捕鯨に注目されている今、読みたい小説。:

« さて、今年はどんな年になりますやら。 | トップページ | 今年も澤見さんへの応援、よろしくお願いいたします。 »