« 『薬師寺涼子の怪奇事件簿』新作、脱稿しました! | トップページ | 舞台「銀河英雄伝説」第二章 東京公演が折り返し点を迎えました。 »

宝塚歌劇団で「銀河英雄伝説」です!

 現在、舞台「銀河英雄伝説」第二章 自由惑星同盟篇を上演しておりますが、新たな舞台化の企画が決まりましたので、ご報告いたします。

 ついに、宝塚歌劇団での「銀河英雄伝説」の舞台化が決定しました。
 主演は、凰稀かなめさん、実咲凜音さんで、今回の公演は、このお二人のお披露目公演となります。
 脚本・演出は、「エリザベート」などで活躍されている小池修一郎先生。
 なんとも凄い方にお願いできることになりました。
 (公式webによる紹介ページはここ

 ただ、この企画が実現するには、当初、かなりの困難が予想されました。
 普通であれば、ひとつの原作をふたつの企画に「同時に」許諾するなんてことは、まずありえません。キティでの舞台が進行しているあいだは、宝塚歌劇団さんには、お待ちいただくのが筋というものです。
 でも、株式会社キティの多賀会長には、「宝塚さんで演じていただいて、宝塚ファンの皆さんに「銀河英雄伝説」という原作を知っていただくことは、私たちにとっても、田中さんにとっても悪いことではないよ。ここは双方で盛り上げていこうよ」と仰っていただきました。
 多賀会長の懐の大きさと、キティをはじめとする制作委員会の皆さまのご理解で、今回の企画が実現出来ました。この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

 松坂桃李さんが演じたラインハルト、崎本大海さんが演じたキルヒアイス、貴水博之さんが演じたオーベルシュタイン、中河内雅貴さんが演じたミッターマイヤー、東山義久さんが演じたロイエンタール、そして、河村隆一さんが演じるヤン・ウェンリー。
 これらの舞台の世界とは、まったく違う魅力が期待できる、宝塚歌劇団での「銀河英雄伝説」。
 続報が入り次第、このブログでも紹介して参ります。
 どうぞよろしくお願いいたします。
 

|

« 『薬師寺涼子の怪奇事件簿』新作、脱稿しました! | トップページ | 舞台「銀河英雄伝説」第二章 東京公演が折り返し点を迎えました。 »

コメント

そういえば以前、梶尾真治先生の「クロノス・ジョウンターの伝説」が映画とキャラメルボックスの舞台とほぼ同時期にやっていましたね。

投稿: JIN | 2012年4月17日 23時54分

しかし、一度は「恋愛要素がない」と断ったのに、なぜ今回上演するに至ったんでしょうか…

謎ですね(´・ω・)?

投稿: 奈々瀬阿稀 | 2012年4月23日 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚歌劇団で「銀河英雄伝説」です!:

« 『薬師寺涼子の怪奇事件簿』新作、脱稿しました! | トップページ | 舞台「銀河英雄伝説」第二章 東京公演が折り返し点を迎えました。 »