« タイトルが『魔境の女王陛下』と決まりました。 | トップページ | 大阪に来ております。 »

「えびすしげなり」を観てきました。

 本日、初日を迎えた、カムカムミニキーナ シリーズ「サラウンド・ミニキーナ」第二弾 えびすしげなり を観てきました。

 太閤秀吉絶頂の時代
 播磨の海岸に漂着したひとりの男。
 かつて彼は子供の頃海に捨てられた。
 だが漂着してからは商売が繁盛して長者に。

 ”立ち上がらない男”
 えびすしげなりの波乱の生涯。
 命拾いの桃山絵巻

 いわゆる、えびす様のお話です。
 (公式webサイト あらすじ より)

 劇場となった、ウェストエンドスタジオの、さして広いとは言えない(失礼)空間では、お客さんが入ってくる時間から、すでに芝居が始まっていました。その一種異様な、でも、なにか心地よい空気に包まれて、上演開始の時刻を待ちます。
 そして、いよいよ開演。
 ……なんと言えばいいのでしょう。なんとも不思議な「えびす様」のお話が繰り広げられます。物語はひとつの糸ではなく、いくつもいくつも綾なして進み、ひとつになったかと思えば、またほぐれ。
 まさに、あっという間の1時間45分でした。

 今回、主役(なのかな)を演じられたのは、舞台「銀河英雄伝説」外伝 オーベルシュタイン篇で、ゼークトの副官、ゲストヴィッツを演じられた中村哲人さん。すばらしい演技でした。

 舞台は4月30日まで。
 まだ若干、当日券のご用意もあるようです。
 ぜひ行ってみて、私の味わった不思議空間を堪能してみてください。

|

« タイトルが『魔境の女王陛下』と決まりました。 | トップページ | 大阪に来ております。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「えびすしげなり」を観てきました。:

« タイトルが『魔境の女王陛下』と決まりました。 | トップページ | 大阪に来ております。 »