« ヒカリエに行ってきました。 | トップページ | 軽井沢に行ってきます。 »

栗本薫氏の『絃の聖域』文庫新装版の帯に、田中さんが推薦文を寄せています。

Photo

 2009年5月にお亡くなりになった栗本薫さん。
 その代表作のひとつでありながら、長年、入手することが難しかった『絃の聖域』が新装版として講談社文庫に収められることになり、田中さんが帯に推薦文を寄せています。

 名探偵、伊集院大介が鮮烈なデビューを飾った本作。
 同時に刊行されるのが、伊集院大介シリーズ最後の長篇となった『木蓮荘綺譚』とうあたりが、「さすが講談社の編集さんは判ってらっしゃる」という感じです。
 とはいえ、こうして作品を再読すると、栗本さんの人並み外れた才能を改めて感じます。
 本当に残念です。

|

« ヒカリエに行ってきました。 | トップページ | 軽井沢に行ってきます。 »

コメント

絶版の本は、片っ端から電子書籍にしてほしいと思います。不法コピーされうからダメ?でも、正規ルートで買う人も多いでしょう。絶版だと印税零ですが、電子書籍なら、いくらかでも金が入るんだから、そっちの方がましなのでは?

投稿: 井上晃宏 | 2012年5月15日 06時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栗本薫氏の『絃の聖域』文庫新装版の帯に、田中さんが推薦文を寄せています。:

« ヒカリエに行ってきました。 | トップページ | 軽井沢に行ってきます。 »