« 宝塚歌劇団版の「銀河英雄伝説」の特設サイトが出来ました。 | トップページ | 田中さんのインタビュー記事です。 »

『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』の制作発表会がありました。

 また更新の間があいてしまいました。

 さてさて。
 昨日の夕方、東京・有楽町の東京宝塚劇場で、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』の制作発表会があり、私も田中さんと一緒に参加させていただきました。
 お恥ずかしい話、このお話しを頂くまで、宝塚歌劇団のステージを拝見したことがなかった私。当然、東京宝塚劇場に行くのも、これが何度目?という具合。
 ただ、入り口を入ると同時に、華やかな空間が広がっていて、なんともいえない高揚感を感じます。田中さんも、「なんか良い匂いがするよね」と言ってました。

 制作発表は、ポスターにも登場されている8名の主要キャストの皆さんによるパフォーマンスがあり、その後、ご協賛をいただいたNTT東日本/NTT西日本の方を交えたご挨拶。そして、8名の主要キャストに脚本/演出を担当される小池修一郎先生を加えてのトークショー。質疑応答のあと、フォトセッションという具合に進行しました。

20120712192511
 最後のフォトセッションには、田中さんも加わったのですが、こうして見ると、どうにも場違いな感じが否めません(笑)。

 制作発表が終わり、緞帳がおりたあと、キャストの皆さんが田中さんにご挨拶をしてくださいました。田中さんは「宝塚歌劇団のステージは、世界を見ても類を見ないユニークで、かつ、レベルの高いものである、と聞き及んでおります。今回、縁あって私の「銀河英雄伝説」を宝塚歌劇団の皆さんに演じていただくことになりましたが、原作の枠にとらわれず、宝塚歌劇団ならでは、というステージにしていただければと思います」と挨拶しておりました。
 以前から申し上げていることなのですが、小説には小説の、アニメにはアニメの、舞台には舞台の、それぞれ文法というか、表現技法があると思います。その分野での表現技法に精通された方を信頼してお任せした以上、原作者サイドとしましては、いち観客の一人として、初演の日を待ち遠しく思うのみです。餅は餅屋、という言葉もありますので。
 小池先生、また、出演される宙組の皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます。 

|

« 宝塚歌劇団版の「銀河英雄伝説」の特設サイトが出来ました。 | トップページ | 田中さんのインタビュー記事です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』の制作発表会がありました。:

« 宝塚歌劇団版の「銀河英雄伝説」の特設サイトが出来ました。 | トップページ | 田中さんのインタビュー記事です。 »