« 朗読アプリ『銀河英雄伝説』、ついに「乱離篇」がリリースされました。 | トップページ | レタスの水耕栽培、その後。 »

横山信義さんの『群龍の海』シリーズ、いよいよ完結です!

 横山さんの戦記シミュレーションシリーズ、《群龍の海》。
 本日、学研のwebページに掲載されましたので、こちらでも紹介します。

 太平洋と大西洋を隔てるパナマ地峡が、大規模な地殻変動により陥没し「パナマ海峡」となった世界を描きます。
 史実では、パナマ運河を通過させるため、戦艦の全幅を33メートル以下に制限せざるを得ず、搭載する主砲の口径も最大で40センチとなったわけですが、この制限が取り払われました。
 米軍は大艦巨砲主義を徹底して推し進め、46センチ砲を搭載した巨大戦艦を次々と竣工させます。
 一方、米軍を仮想敵とした日本軍は、自らの工業力が米軍に比して大きく劣ることを自覚。戦艦で戦艦に対抗することを諦め、空母と艦載機によって戦艦に対抗する航空主兵主義に転換します。
 数々の戦場で一進一退を続けてきた両軍ですが、兵力の再編なった米軍は、新鋭戦艦を揃えて日本近海に姿を見せます。
 これが最後の戦いと判断した日本軍は、航空主兵主義の集大成を見せるべく、多数の航空機をもって迎え撃つことに。
 果たして、米軍が狙う目標はどこか。そして、日本軍はこれを防ぐことが出来るのか。
 人気シリーズ、いよいよ完結です!


|

« 朗読アプリ『銀河英雄伝説』、ついに「乱離篇」がリリースされました。 | トップページ | レタスの水耕栽培、その後。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横山信義さんの『群龍の海』シリーズ、いよいよ完結です!:

« 朗読アプリ『銀河英雄伝説』、ついに「乱離篇」がリリースされました。 | トップページ | レタスの水耕栽培、その後。 »