« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

アニメ「アルスラーン戦記」のDVDとBlu-ray、第5巻が発売になります!

Img_2993

 本日、事務所にアニメ「アルスラーン戦記」第5巻のDVD&Blu-rayが届きました。
 第十四章 異国の王子
 第十五章 シンドゥラの黒豹
 第十六章 落日悲歌
 の3篇が収録されています。

 苦難の末、パルス東方国境の要衝、ペシャワール城塞にたどり着いたアルスラーン。
 王都エクバターナ奪回のための兵を挙げるべく準備をすすめる彼ら。
 しかし、そこに新たな凶報が届く。パルスの東方に位置する大国、シンドゥラの軍勢が大挙して国境を越え、パルス領内に侵攻したというのだ。シンドゥラの兵五万に対し、パルスの兵はわずか一万を数えるばかり。
 しかし、ナルサスは秘策を持ってシンドゥラ軍を率いるラジェンドラ王子を陥れ、パルス軍とのあいだに同盟を結ばせてしまう。
 急遽、成立したパルス軍・ラジェンドラ王子連合軍に対するのは、ラジェンドラ王子の異母兄弟で彼と王位を争うガーデーヴィ王子率いる軍勢。
 その数はなんと十五万を越え、しかもシンドゥラの誇る戦象部隊までが彼の指揮下にあるという。
 圧倒的不利な状況におかれつつも、ダリューン、ナルサスの表情は崩れない。
 果たして、戦闘の帰趨はいかに!

 精強無比を誇ったパルス騎兵団が、アトロパテネの会戦で壊滅的打撃を受けたという報は大陸諸国に大きな衝撃を与えます。長年、パルスと緊張関係にあったシンドゥラ国はもちろん、ほかの国々もこの好機を逃さんと、不穏な動きを見せているようです。王都奪還とともに、それら諸国への牽制も考えねばならないナルサスの苦労がしのばれます。
 新たにアルスラーン陣営に加わったジャスワントの活躍もお見逃しなく。


 初回生産特典として
・荒川弘描き下ろし「アル戦4コマ劇場」
・アイキャッチ仕様 PC壁紙収録CD-ROM
・特製ブックレット
・収録話エンドカード
・小木曽伸吾描き下ろしイラストジャケット
・オーディオコメンタリー(第十六話)
 が封入されています。
 どうぞよろしくお願いいたします。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤崎竜さんの『銀河英雄伝説』、第7話です!

Youngjump51

 本日(11月19日)は、週刊ヤングジャンプ51号の発売日です!
 藤崎竜さんの描く『銀河英雄伝説』も掲載されてます。

 軍幼年学校を卒業したラインハルトとキルヒアイスは、軍病院事務室に配属された。そこには、貴族の子弟ばかりが集められ、安全な場所でぬくぬくとクラス「温室」だった。一刻も早く武勲をたて、愛する姉を取り戻したいラインハルトたちは前線への配転を希望する。
 そして、ついに彼らは初陣の地、惑星カプチェランカに降り立った。

 原作小説では、外伝5巻に収録されている「白銀の谷」のストーリーとなります。
 藤崎さんのマンガを読むかたわらに、原作小説を置いてみるのも面白いかと。

 週刊ヤングジャンプをお読みになったあとは、ぜひアンケートハガキでの応援もよろしくお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミック版「陰陽屋へようこそ」の第2巻が出ました!

Onmyoya_comic2

 天野頌子さんの人気作「陰陽屋」シリーズ。
 そのコミック版の単行本第2巻が出ました!
 岩崎美奈子さんがコミック化を手がけられ、KADOKAWAの「B's-LOG」で連載されてます。

 イケメン毒舌陰陽師とキツネ耳の中学生男子が、今日も王子の街でお悩み解決に東奔西走します。今回は、家出人捜しを頼まれた二人の活躍(?)をお楽しみ頂きます。人探しのなかで、瞬太の出生の秘密も垣間見えて、事態は思わぬ方向へ。
 妙なとりあわせのへっぽこコンビ、応援のほどよろしくお願いいたします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤崎竜さんの『銀河英雄伝説』、第6話です!

Youngjump50

 本日(11月12日) 木曜日は、週刊ヤングジャンプの発売日です。

 藤崎竜さんの「銀河英雄伝説」も、第6話。
 幼年学校を卒業したラインハルトとキルヒアイスが、いよいよ軍人としてのスタートを切ります。
 皇帝の寵姫の弟と、その幼なじみという二人が配属されたのは、帝国軍病院の事務室。そこは、戦時中であっても敵弾が飛び交うはずもなく、命の危険があるわけもない、貴族子弟のためにある「温室」でした。
 その実情を見たラインハルトは……。

 下級とはいえ、貴族の家に生まれたラインハルトが、銀河帝国の柱石ともいうべき貴族階級を軽蔑し、平民階級を見据えた政治を志した「原点」が垣間見える第6話。
 どうぞお楽しみください。

 お読みになったあとは、アンケートハガキでの応援もよろしくお願い申し上げます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日(11月9日)は、「別冊少年マガジン」の発売日です!

Magazine12


 今日、11月9日は「別冊少年マガジン」12月号の発売日です!
 新連載「女王陛下の補給線」や「進撃の巨人」や「進撃!巨人中学校」など人気作品が目白押しではありますが、ここはやはり「アルスラーン戦記」を推させていただきます!
 
 今月号の内容は……と。
 ここで詳細を書いてしまうワケにもいきませんので、ぜひ本誌をご覧いただくことにしまして。
 私が言えるのは、「アルフリード可愛い」「ナルサス、おちゃめ」。
 アニメとは、また違った描き方が楽しめると思います。
 単行本で一気読みもアリですが、連載を追い掛けていくのも、また楽しいものです。
 お読みになった方、ぜひアンケートハガキでの応援もよろしくお願いします!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

次回の「ニコニコ生放送『銀河英雄伝説』公式さんと語ろう!」は、12日(木)ですよ!

350224

「銀河英雄伝説」ファンの皆さんと交流を楽しむ番組、「ニコニコ生放送『銀河英雄伝説』公式さんと語ろう!」。
 もともとは新作アニメ「銀河英雄伝説」の情報を告知したり、ファンの皆さまの意見や要望を集めたり、という場を想定していたのですが、いまではすっかり私、三澤さん、大場さんの三人が「銀河英雄伝説」の世界をのんべんだらりと語る場になってしまいました。うーん。

 次回の「ニコニコ生放送『銀河英雄伝説』公式さんと語ろう!」ですが、11月12日(木)午後8時から放送されます。
 前回は舞台「銀河英雄伝説」特別公演 星々の軌跡のDVDが発売されることを記念して、主演の河村隆一さんに登場していただきました。公演当時の思い出をいろいろとお訊き出来て、とても楽しいひとときでした。

 今回も、皆さんとコメントで交流をしつつ、『銀河英雄伝説』の世界について話ができればと思います。
 第21回「ニコニコ生放送『銀河英雄伝説』公式さんと語ろう!」は、こちらからご覧になれます。
 どうぞよろしくお願いいたします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」が紹介されます。

 2012年の初秋、宝塚歌劇団宙組で「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」が上演されました。小池修一郎先生演出のもと、凰稀かなめさんがラインハルト、美咲凛音さんがヒルデガルドを演じられ、多くのファンを魅了しました。
 私も田中さんと一緒に宝塚の大劇場にお邪魔して、初日の公演を拝見し、あまりの壮麗さに圧倒されたのを覚えています。

 さて。
 関西テレビで放送されている、宝塚歌劇団の情報を中心にお送りする番組「夢見るシアター」で、この「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」が取り上げられるそうです。
 放送予定は、11月13日(金)午後10時52分から57分の5分間。
 夢咲ねねさんが「銀河英雄伝説」の原作小説を片手に語ってくださるとのこと。
 短い時間ではありますが、皆さんと一緒に「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」の魅力をふたたび感じあえれば幸いです。

 関西テレビ「夢見るシアター」番組webサイトはこちら


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アルスラーン戦記』の初荷が出ました!

 現在、『アルスラーン戦記』の新刊を執筆中の田中さんですが、昨日、ようやく光文社の編集さんに原稿の第1便を渡すことができました。これ、私たちのあいだでは「初荷」と呼んでます。
 昨日、お渡しした分量から考えると、まだまだ先は長いのですが、ひとまず滑走路から離陸した、ということをお伝えいたします。

 さて、新刊が出る前に、既刊分を読み直すことにしましょうかね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

田中さんも参加した「三國志」のアンソロジー本の情報です。

 以前、田中さんの執筆予定について、「『薬師寺涼子の怪奇事件簿』のあとは、中国モノの短篇をひとつ書き上げて、その次が『アルスラーン戦記』の新刊」とお伝えしておりました。
 その「中国モノの短篇」ですが、私の予想よりも早く書き上げてしまって、正直びっくりしたりしました。
 このたび、その「短篇」が収録された本の刊行が正式に決まりましたので、まずはこのブログでお伝えします。

 題して『決戦!三國志』
 田中さんのほか、東郷隆さん、天野純希さん、吉川永青さん、木下昌輝さんの作品が収録されたアンソロジーとなります。

 12月2日発売予定です。
 Amazonでは、予約も始まりました。
 どうぞよろしくお願いいたします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファミリー劇場で『銀河英雄伝説』が放送されます!

Key

 明日(11月4日)から、ファミリー劇場で『銀河英雄伝説』の放映が始まります。
 11月4日から、月・火・水・木(週によって変動あり)の午後8時からの1時間、それぞれ2話ずつの放映となります。
 明日は第1話「永遠の夜のなかで」、第2話「アスターテ会戦」をお送りします。

 なお、今回は外伝(全52話)の放送も決定!
 『銀河英雄伝説』の世界をたっぷり堪能していただけそうです。

 最近は藤崎竜さんのコミック版「銀河英雄伝説」のおかげもあり、『銀河英雄伝説』の知名度もじわじわと上がってきている様子。「名前は聞いたことあるけど、まだアニメを見たことはないなあ」という方、ぜひこの機会をお見逃しなく。

 ファミリー劇場のアニメ「銀河英雄伝説」放映スケジュールは、こちらからご確認ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

天野頌子さんの新刊です!

9784062940061

 講談社の新レーベル、「タイガ」。
 「日々の生活に小説がないと生きていけない小説偏愛者の皆さんへ」というキャッチコピーを掲げ、長く読み継がれるレーベルと目指しているそうです。
 最近は、電車のなかでも文庫本を開く人よりも、スマホを見ている人が目立ちますが、やはり小説を読む楽しみは忘れたくないものです。

 そんな講談社タイガで、天野頌子さんの新刊が刊行されます。
 タイトルは『僕の死神(ボディガード)の黒い糸』。

世界を動かす大富豪の家に生まれ、その立場上、身の危険にさらされることが多い、十歳の御曹司・海堂凜。二年前に起きた両親の死亡事故から孤独を深めてい たが、「ある秘密」を抱えた元SPのボディガード・永瀬の登場によって、少しずつ変化が訪れる。死と隣り合わせの凜と、彼を守る最強の死神。不思議な黒い 糸で結ばれた二人は、残酷な運命へと立ち向かっていく……。

 11月20日発売予定です。
 どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『銀河英雄伝説』の英語版につきまして

 昨日、パラオから帰国しました。
 現地は衛星回線のみで、それをパラオ全体でシェアしている状況のため、webサイトの閲覧すら不安定でした。日記の更新も何度かチャレンジしたのですが、思うようにいかずに断念しました。

 さてさて。
 帰国してメールを確認したところ、お問い合わせが届いていました。
「『銀河英雄伝説』は、中国語版や韓国語版での出版のみですか。英語版はないのですか」とのこと。
 これにつきましては、以前にもお伝えしたのですが、良い機会ですので改めてアナウンスさせていただきましょう。
 今年(2015年)7月にアメリカで行われたアニメのイベント、アニメエキスポで、VizMediaが『銀河英雄伝説』の英語版の翻訳プロジェクトをスタートさせたとの発表がありました。VizMediaは、Haikasoruというレーベル名で日本のさまざまなエンターテインメント作品を翻訳出版しています。先日は神林長平さんの『戦闘妖精・雪風』をリリースしました。

 現在のところ、2016年の春に第1巻「黎明篇」の発売を予定、以後、第3巻までの刊行は確定、以後、売れ行きによって第3巻以降の出版も…という感じです。ぜひ、英語圏の皆さんの応援を得て、本伝の最後まで、さらには外伝まで刊行が実現できるよう祈っています。
 VizMediaの英語版『銀河英雄伝説』はすでにAmazonでも予約が始まっています。
 ご興味のある方、ぜひご予約のうえお買い求めくださいませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »