« 朗読版「ユリアンのイゼルローン日記」CDボックス、発売です! | トップページ | こんどは「むさしの!」らしい。 »

横山信義さんの『旭日、遙かなり』、第5巻の刊行です!

Kyokujitsu5

 横山信義さんの戦記シミュレーションシリーズ、「旭日、遙かなり」。
 さきほど版元の中央公論新社さんから見本刷りが届きました。

 ギルバート沖海戦で連合艦隊は、米空母「レンジャー」「ワスプ」を撃沈するも、歴戦の空母「赤城」を喪ってしまう。また、海戦後の隙を突かれ、南太平洋の要衝タラワ環礁も敵の手に陥ちた。これにより、ギルバート諸島はすべて米軍の支配下におかれた。
 一方、欧州戦線では快進撃を続けるドイツ軍の前に、ソ連有数の大都市、スターリングラードが陥落。凋落を続けるソ連の姿に、ソ連邦内部の各国は、分離、独立の動きを見せ始める。
 欧州情勢が混迷するなか、連合艦隊はギルバート諸島奪回作戦を始動。メジュロ環礁沖を進撃する巨大戦艦「大和」「武蔵」の前に、米新鋭戦艦「サウス・ダコタ」「インディアナ」が立ちはだかる!

 物語を半ばを過ぎ、物量にまさる米軍の底力が徐々に日本軍を圧迫しはじめます。
 また、欧州戦線ではソ連の勢力が衰えるにつれ、ロシア帝国とドイツのあいだにも微妙な空気が流れはじめ。

 新たな秩序を模索しはじめた欧州と、いまだ戦火の収まる気配を見せぬ太平洋。
 地球全土を巻き込んだ大戦の行く先は。
 どうぞお見逃しなく!

|

« 朗読版「ユリアンのイゼルローン日記」CDボックス、発売です! | トップページ | こんどは「むさしの!」らしい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27758/65418426

この記事へのトラックバック一覧です: 横山信義さんの『旭日、遙かなり』、第5巻の刊行です!:

« 朗読版「ユリアンのイゼルローン日記」CDボックス、発売です! | トップページ | こんどは「むさしの!」らしい。 »