« 「ごまさば」が関東でポピュラーにならないワケ | トップページ | 同じメーカーなのになあ。 »

田中さんの仕事場の電話が壊れた話

 新年早々、田中さんからヘルプコール。
 なんでも「仕事場の電話が繋がらなくなった」とのこと。じゃあ、この電話はどうやって掛けてるんだ、と思ったら「携帯から」と。
 おぉ、自他共に認めるメカ音痴の田中さんも携帯電話から電話できるようになったのか……と感慨に浸りつつ、さすがに電話が使えないのは問題なのでスタッフが仕事場に急行。
 しばらくして戻ってきて言うには、「ISDNのTAが壊れてます」と。
 そういえば、田中さんの仕事場はSIDN回線だったわ。
 えー、まだそれから更新してなかったのか。
 でも、考えてみたら、田中さんが回線をどうこうするはずもない以上、ISDN回線から更新するのはウチの仕事だわ。

 NTTによれば、ISDN回線は2015年で廃止が決まっているそうだけど、それまでは使えるということでしたんで、新しいTAを注文しました。
 さて、いまどき新品のTAを設置する需要がどれほどあるのか。
 まあ、うちの会社らしい年明けではありました。

|

« 「ごまさば」が関東でポピュラーにならないワケ | トップページ | 同じメーカーなのになあ。 »

コメント

2024年で通信は使えなくなるけれど、通話ではまだ使える見たいですね。
インターネットで使っていないのならそのまま使えそうですが、TAは手に入らなくなりそうですね。

https://www.denet.ad.jp/technology/2018/01/2024isdn.html

投稿: . | 2020年1月 7日 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ごまさば」が関東でポピュラーにならないワケ | トップページ | 同じメーカーなのになあ。 »